妊娠前から葉酸を摂取した方が良い理由とは?

葉酸というのは、ビタミンB群の一つでターンオーバーに関係し、DNA・RNAやタンパク質の生合成を活発化させる栄養成分になります。細胞の生産や再生をフォローしてカラダの成長のお手伝いをすることになります。細胞の分裂や成熟にも大きく影響を及ぼしているので、とりわけ胎児からすれば必要不可欠な成分になります。
葉酸は、妊娠前からしっかりと体に取り入れることによって、お腹にいる赤ちゃんの脳や脊髄(せきずい)の発達異常である「神経管閉鎖障害」の危険性を減らすことができると言われています。
神経管閉鎖障害とは、子宮内の赤ちゃんの脳や脊髄のもととなる神経管に障害が引き起こされる先天異常です。神経管というのは、板状のものの両端がくっついて閉鎖し、管状のカタチが生じるのですが、赤ちゃんの成長とともに頭の方は脳、おしりの方は脊髄になります。その一部がじょうずに閉ざさないことから引き起こされる病気なんです。神経管の頭側に障害が起こった場合だと、脳が形成不全となって「無脳症」になって、流産や死産のパーセンテージが高くなります。おしり側に障害が起きると「二分脊椎」になって、たくさんの神経障害が引き起こされるリスクが出てきます。
妊娠することを望んでいる場合は、できることなら妊娠1ヵ月以上前から葉酸を摂り込みましょう。
というのも、赤ちゃんの神経系は妊娠初期からつくられ、先天異常は妊娠7週間くらいまでに起きることが理由です。7週頃と言ったらようやく妊娠が分かるタイミングですので、妊活中から摂り入れておくことが重要になります。それから、それ以後も妊娠後期にかけてぬかりなく摂取し続けることをおススメします。
葉酸がたくさん入っている食べ物というのは、、ほうれん草、モロヘイヤ、アスパラガス、ブロッコリー、枝豆、レバー、いちごなどになります。
ごく普通の日々の生活では、我々日本国民の平均的な葉酸の摂取状況は十分だと考えられています。しかしながら、妊娠を見越している女の人や妊娠中の女性のみなさんは、必要不可欠な分量が常日頃のおよそ1.8倍にになります。

ベルタ葉酸サプリ 落とし穴 真実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です