更年期障害とは?

更年期障害の定義とは
更年期障害というと、生理が止まるまでの不快な症状を伴う長い移行期を思い浮かべるかもしれません。
しかし、閉経の定義は、連続12カ月間生理がなく、妊娠が不可能になる日を指します。

この12ヶ月を過ぎると閉経後とみなされます。

閉経の平均年齢は51歳ですが、一般的には45歳から55歳の間に起こります。まれに閉経が早く始まることもあります。
40~45歳で閉経することを「早期閉経」と呼びます。40歳未満の閉経は、早発性卵巣機能不全と呼ばれます。

更年期には何が起こるのでしょうか?
更年期の症状が出ている女性は、多くの場合、いわゆる更年期と呼ばれる時期にいるのです。
更年期は何年も続くことがあり、更年期であることを示す主な兆候の1つは、生理が不規則になることです。

妊娠可能な時期が終わりに近づくと、エストロゲンレベルが低下し始めます。
このホルモンの変化が生理周期に影響を与え始め、生理が異常に軽くなったり、重くなったり、生理の回数が変わったりすることがあります。

この時期の女性が体験することは、実にさまざまです。
ある人は、最初は周期が短くなり、おそらく2から3週間ごとに生理があり、その後、数ヶ月間生理がないこともあります。
また、規則正しい周期から突然、生理が全く来なくなる女性もいます。不規則な周期や生理不順は、更年期に近づく最初の兆候の一つかもしれません。

更年期障害の症状は人それぞれですが、数ヶ月から数年の月経周期の乱れが続くと、やがて月経は完全に停止します。

閉経はなぜ起こるのか
閉経は、卵巣が卵子を作らなくなったときに起こります。

女性の約5%が早期閉経(45歳未満)を迎える可能性があります。さらに早い40歳未満で閉経を迎える女性もいますが、女性の1%しか発症しないため、非常にまれなケースです。なぜ早期閉経になるのか、専門家もよく分かっていませんが、遺伝的なものである可能性が高いと言われています。母親が早く閉経した場合、その娘も早く閉経する可能性が高くなりますが、必ずそうなるとは限りません。

早発閉経は、次のようなことが引き金になることがあります。

卵巣を摘出した場合(外科的閉経)
化学療法や放射線療法など、乳がん治療の一部
ダウン症やアジソン病などの基礎疾患

たさいわかん 販売店 amazon 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です